男性

建て替えができない場所もある|再建築不可の実態を知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

築浅マンションと査定額

アパート

マンション売却で築浅のマンションを売る場合、購入の際に抽選が必要なほどの物件だった場合はチラシに盛り込むことで買い手側の反応は大きく違ってきます。自分の予想した金額と査定額は大きくかけ離れていることが多いので、その点は覚悟しておきましょう。

効率良く売却するために

外観

マンション査定を行うことで、相場や市場動向を理解することが出来ます。多くの不動産業者に査定を依頼することで、比較して適切な業者を選ぶことが可能です。あらかじめ相場や売却の流れを知っておくと、契約時のトラブルを防ぐことが出来ます。

新築一戸建ての購入計画

一軒家

土地価格が割安な越谷市内では庭の広い新築一戸建てを選ぶ人が強く、4000万円以内の設備の充実した物件も探しやすいです。不動産会社が積極的に販売する駅からやや離れた一戸建ては格安であり、物件を選ぶ時には将来性も考えるのが理想的です。

建築基準法の壁を克服する

相談

建替え可能にする方法

不動産に詳しい人の間では周知の事実ですが、古い家を解体しても建築基準法の壁によって建替えできない土地が存在します。建築基準法に定められた道路に敷地が2m以上接していないと、再建築不可の条件に該当してしまうのです。建築基準法の道路とは、幅員4m以上または特定行政庁が指定した道路のことを言います。古くからの住宅密集地には、狭い路地を挟んで木造住宅が建ち並んでいるところが少なくありません。建築基準法が施行された昭和25年以前より前に形成された住宅街に多く、古い家を建替える際の障害となっているのです。こうした再建築不可の条件を克服して家を建替えるには、敷地内に一定の工夫を施す必要があります。敷地の一部を提供して道路の幅を4m以上に広げる方法がまず考えられます。隣接地との関係でその解決法が困難な場合でも、周辺の敷地を買い取ることで克服できる場合があります。現時点では再建築不可であっても、そうした工夫によっては将来的に家を建替えられる可能性が出てきます。多くのケースでは周辺の土地を所有する人との交渉も欠かせません。再建築不可の土地だからと言って、永久に建替えできないというわけではないのです。

少なくない格安物件

これから土地を購入しようという人にとって、再建築不可物件も不動産商品としては格安な点に魅力があります。単に購入価格が安いというばかりでなく、資産価値が低く評価されるため相続税や固定資産税の面でも有利なのです。購入の際には銀行の住宅ローンを受けられないのが普通ですから、多くのケースでは現金での購入が前提となります。高金利などのリスクを承知の上でなら、再建築不可物件の購入にも使えるローンが存在します。こうした再建築不可物件を格安で購入し、敷地に工夫をして資産価値を高めることも可能です。前述の形で建築基準法の壁を乗り越える措置ができるのなら、再建築不可物件を不動産投資にも利用できるのです。再建築が可能になることで不動産としての価格が高騰する場合も少なくありません。その意味では再建築不可と判定された土地にこそ、大きな可能性が秘められているとも言えます。建築基準法上の道路に2m以上接していない土地と、その上に建つ古い住宅は全国でも多く残されています。そうした再建築不可物件を有効に活用したいと考えている人も少なくありません。解決策を見つけるには、法律に詳しい不動産業者に相談してみるのが近道です。